QLOOKアクセス解析
■[-アルストロメリア-] ※詳細は【[STEALTH] Official】へ。


STEALTH「Affection of Alstromeria」ダイジェスト 大切なのは、動き出すこと。

■[C4]新着情報! 震えて待て!! ※詳細は【[C4] Official】へ。
C4 / -barrett Caliber 4- Web CM

2013年12月01日

師走朔日。

また1日なんとなく音楽を聴いて過ごしてしまった。
今日のお気に入りは、amber grisの「This Cloudy」。
■歌詞    ⇒ http://rocklyric.jp/lyric.php?sid=138342 
■動画(公式)⇒ http://youtu.be/3ujKY65Cx8s 



それなりに生きている、ということに感謝。
年末に近づいていくといつも思ったりするのだ。

私にとって、とても大きかった何か。
ひと回りにもならない内に絶ち切られてしまった時間。
過去に生きる訳ではないけれど、忘れたくないだけ。

つかず離れずの関係ではあるけれど
思い出を共有できる仲間達も居る。
ゲーマー時代の仲間は、当然男性が多い訳だけれど
いまも変わりなく一緒に飲みに行ったり、遊んだりできる。

でも女性陣、優しいひとが多いのです。
ひとを押しのけることができずに、自分の心を痛めるひとが。

ふふふ、あのときは若かったって姉さまの言葉に
随分時間が経ったんだなって思ったりする。

ハタチそこそこで、皆純粋にゲームが好きで
どうしたら絵や文章が上手くなるか、考えたりしてた。
みんなでコスプレしたりして。
アーケードゲームから、コンシューマーゲームへの過渡期のこと。

どちらかと言えば、私はだいぶ図太い方だと思うんだ。
生きにくいとは思ってて、上手く世の中渡って行けてないけれど。
メンタル弱いようで小出しにしているから強か。

傍から見れば、どうも綺麗ごと言い過ぎて
本音を出したがらないように見えるようです。
こんなにフルオープンなのにねぇ。
私、理想と綺麗ごとで出来てるので裏も表もありゃしません。

嫌だと思ったら、ホントに顔に出ちゃうしさ;
其れが本意じゃなくて、困っているのだけれど。
ひとに迷惑かけるひとが許せないだけ、だったんだけれどね。

綺麗で居たい、真っ直ぐで居たい、曲がりたくない。
それが私の中の美学であって。
そう弱いままの私でも、私であれば構わない。
その美学に傷がつかなければ。

ああ、このまとめ方だと……「ロジィ」の方が其れっぽいね。

すっごくamber grisにハマってるように見えるけれど
悲しかったり、淋しかったりを拾い上げてくれてるように思う。

心をメンテナンス。
TOKI兄さんの歌詩は、このあとで効いてくるんだ(笑)
しっかりしなくっちゃってね。
akiちは背中ばしんばしん叩いてくれる感じ。

昨日はKAZUSHI君…というか、SPVのLiveだったんだねえ。
ほっこりする豚さんに、だいぶ長い間行けてないよ。
12/8にはインナーギャラクシーオーケストラに行くので
また外しちゃったなあ。。。
posted by 遠夜。 at 04:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

コドモのチカラ。

某劇団のスタッフをやっている弟から
コドモ向けのイベント優待券を貰ったので
ちょうどその年頃のおちびちゃんが居るアヤコに渡してきました(笑)

彼女はすっかりお母さんなのだけれど
ふたりで逢うと、高校時代と変わらないのよねえ。

今日は11歳のフミちゃんと
来年小学校にあがるチヨちゃん……ふたりも一緒に
軽くおしゃべりしてきました。

お母さんのヤンチャ時代をバラしてしまった(笑)
コドモは可愛い。

フミちゃんは、アヤコにも言われる位、趣味嗜好が私と似てる。
来年から歴史が始まるから、楽しみだって。

チヨちゃんは兎に角、今日はお姫様。
いつもは下に三歳の弟君が居るから、我慢を強いられてるのが
お母さんにもお姉ちゃんにも甘え放題。

まあ可愛い♪

このところ、体調もそうだけれど
気持ち的に落ちてることが多かったのだけれど
やっぱりコドモって、元気の素だわ。

最近、進む道を間違った気もしてる(笑)
ん、でも教えるのは……好き。間違えてない。

まだ出来る。
やる気になれば、なんでも出来る♪

posted by 遠夜。 at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

月を見上げる。

居待月は、煌々と地上を照らしています。
遮るもののない晩秋の空気。

「月」を好きだと聞きました。
其れは、私もまた聞きだったのだけれど。
「月」「犬」「音楽」
彼女が好きと言っていたものを
私はまだ3つしか知らなかったのです。

もう少し、出来るならばもう少し
お話する時間が欲しかったなあ。


悲しい気持ち
残念な気持ち

勿論、ココロの中はいろいろ。

殊にこの何年かは、お別れの多い年でした。
想良サンと早苗サン、ゆや。。。
同年代とのお別れは
背負うべき重みを私に与えてくれたように思うのです。

忘れることは無い。
この出逢いと別れは、私に刻み付けて。

いつか、またお目に掛かりましょう。
posted by 遠夜。 at 23:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

少し高度が堕ちている。


どうしたら良いのか、私は知っているのだけれど
何故こんなに沼の中に居るんだろうね。

何度も何度も、いまは生きることを考える。

風邪ひいてるの。
繰り返し繰り返し、治ってはぶり返す。
平等に訪れる筈のもの。

泣きたかった。
素直に泣けなかった。
何度も何度も、思い出して。

自分の弱さも、イイ加減にすればよい。

誰にも何も出来なかったことを悔やむのならば
ただ打ちのめされているのではなく
何かの役に立つことを考えなさい。

強くなりたいね、もっと。
身近なところから、誰かを笑顔にできるように。
posted by 遠夜。 at 01:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

朝帰り…何度目だ?

Aサンに振られたので、Sりんに来てもらいまして。
3月は無理みたいだけど、また[C4]も一緒に観ようね。

終演後しばらくはバースペース奥でまったりしちゃいました。
結果、出待ちいたしまして
“まぼろし”と“立浪選手”を手渡しできたので、ちょっと満足。
ちょうどオープン戦でね、現役引退試合だったりしたし。
言いたいこと、また言えなかったけど。
其れは其れでいいのだ。

Sりんを含めた4人で、かるーく打ち上げてたら
うっかりMちゃんが帰れない時間になっていたので
まだ間に合うSりんは帰して、3人でそのまま朝までコースでした。

昨日行ったのは、また「絵本の国のアリス」。
これでとりあえず満足したので、今度は美味しいとこ探そうかな。

 100227_2244~010001.jpg 100227_2304~010001.jpg

 100227_2337~010001.jpg 100228_0059~020001.jpg

今度は池袋だから、美味しいお店下調べしとかないとね。

母に「ごめんなさい。朝ぴかぴか(新しい)帰るね〜猫」ってメールしたら
すかさず「うん、いまそう話してる夢見た」って返信があって
その受信能力に怯える娘(笑)

しかし、夏からずっとこの3人で動いてるなあ。
なんかね、このチームは上手く役割分担できちゃうんだわ。
発案者・企画者・実行者…みたいな感じで。
このグループだと何か出来そうな気もしている。
不思議なご縁を感じるのです。

喫煙者ではないし、どちらかというと煙草嫌いな3人なので
隣の人達がもの凄い勢いで吸っているのに負けて2時半にカラオケに移動。
曲だけ流して、まーったりしちゃう……私。
[C4]は入ってなかったので、メンバーさんの元所属バンドだったり
ROUAGEだったり、MALICE MIZERだったり好きな曲だけ流しっぱなし。
その間ぼーっとしたり、おしゃべりしたり。
それぞれの携帯でメンバーブログをチェックしたり。

でも、TomoiサンのBlogにコメントしようとしたところで
私の携帯は、充電が切れちゃった。
本当はもう少し書きたいことがあったけれど、尻切れトンボ(笑)です。
ま、いいかなー。

朝帰りしてエキシビジョンをちょっぴり見て
そのまま意識を手放して……夜になってました。

ん、思うようにやりたいことができません。
遊んじゃうからいけないんだとは解かっているんだけどね。

 
 
posted by 遠夜。 at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

初詣。

2日は母方のお墓参りをし、四十九日の忌も明けたので
3日は初詣、お諏訪さんに行ってきました。

本当は控えるべきなのかとも思ったけれど
神社と寺社では死に対しての考え方が違うので検索してみました。
勿論神道では「死は穢れ」
でも、50日の忌明けであれば神社に足を向けて良いようです。

なんだかんだ言って高校の頃から、立川のお諏訪さん。
勝負事と厄除けの神様「建御雷神」「経津主神」が御祭神です。
八幡神社と稲荷神社を両翼に持ってます。

家からは阿豆佐味天神社の方が近いんですが、ね。
絶対に元彼のご親戚に逢っちゃうから行けません。
当人同士だったり、ご両親との関係は良好でも、
ご親戚にまで思い出されるのは嫌……っていうのは自意識過剰かな。

こちらは「少彦名命」と「天児屋根命」
知恵・医学、芸術・文学の神様。
立川水天宮はお産の神様。
同じ境内には他にも複数の神様をお祭りしてるのです。
「猫返し神社」っていうのもあったりして。


御神籤は「中吉」でした。
転居はよろし。
おそらく4月迄にお引っ越しするので、これは良かった。

待ち人来たらずで、恋愛は愛しぬけと(笑)
うん、春は遠いな。

明日は仕事帰りに東京大神宮に行ってきます。
松ノ内に例年通り
花園神社行って三社詣でといたしましょうか。


 

posted by 遠夜。 at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

ワタシノスキナモノ。Vol.002

思い出したので続く、訳の解からない日記第2弾。
前回は見直したら2007年6月でした。
元々好きなものが多くて、整理が付かない。
前回文章を挙げたけれど実は他にもいろいろあるのよ(笑)

でも、今日のお題は【絵】にしましょう。

私が好きだと思う絵は、ある程度写実的なもの。
そして、ロマンティックな画風の絵が好き。

アンリ・ルソーの“夢”や“眠れるジプシー女”
それから、ジャン・フランソワ・ミレーの“晩鐘”や“落穂拾い”
中学の頃は、どちらも模写した位に好きだったなあ。
ジョン・エヴァレット・ミレーの“オフィーリア”も好き。
シュルレアリスムだったら、ルネ・マグリット。

ちゃんと美術部だったんです、この頃は。
先生にご自身のアトリエに誘われた位可愛がっていただいて
絵描きになりたいなんて思ってた頃もあるのにすっかり挫折。
高校ではバスケ部に入ったし、美術専攻しなかったから。

でも、また“絵を描きたいなあ”思うようになったのは、余裕が出来たのかな。
漫画やイラストじゃなくて、絵を描きたいって思う。

最近では、細迫諭さんの作品に惹かれたなあ。
弟の高校時代の担任の先生がご縁で知りまして。
板にテンペラ手法を駆使して描かれる静物画がとても素敵なの。
どこか遠くに行きたくなる空と乾いた明るい土地。

やっぱりちょっぴりカッチリした絵が好きなのね、私。

それから、人物より風景の方が好きみたい。
自分で描くのも現実には有り得ない風景の方が多いです。

空と、水の流れが好き。
川の流れる街で暮らしてたからね、きっと。

さてと。そろそろ休みましょうか。


P.S. アンドリュー・ワイエスが儚くなられたの、知らなかったわ。
 91歳、2009/1/16にご自宅で息を引き取られたそう。
 “クリスティーナの世界”、私にとっては衝撃だった作品なのでした。
 
posted by 遠夜。 at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

やっぱ駄目だあ。

残念なこともいっぱいあったんだけれど
でも、其れ以上に倖せぴかぴか(新しい)だったの。

もう其れだけしか言えない。
お裾分けなんかしてあげなーい揺れるハート

これ以上欲張っちゃ駄目ね。

でも、本当に私“うっかりハチ子”ですよふらふら

それだけは残念。


HIRO君に「Tomoiサンと話せました?」って聞かれたのが不思議。
彼とは-OZ-の話しかしなかったのに
何でTomoiサンのファンって解かったのかな?
posted by 遠夜。 at 16:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

自意識過剰。

この単語自体が久しぶりな感じ。
気にしすぎて、また舞い上がっちゃった気がするの。

Sりんからの、お願いすることもあったから
辛うじて理性が止まっていた部分もあるけれど

体温を感じて、死んじゃうかと思った。

軽くパニック。。。でした。
その後
例の件をお願いしたら、メンバーさん皆にいただけるってことになり。

ほっとした時には、視野がいつもの10分の1程度になっているような感覚。

皆が居てくれて助かったあ。
整番によらず、皆と一緒に居られて良かったな。

MILK+Kill=slaydチームとなっている私達の構成だけど
随分長く一緒に居るような気がするのだ。
posted by 遠夜。 at 02:10| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

ネットの中。

何故か苛立ってしまうのだ。
自分で調べも動きもしない癖に上から目線の、ネットの中の人。

私自身も情報収集が趣味でインターネットは欠かせないツール。
海外サイトからニュースソースを拾ってきたり
自分が知りたいことだけだけれど、ヘビーユーザーだと思う。
それはもう、インターネット中毒バリに。

今週の週間ベースボール、コラムを受け持つ記者の言葉が面白かった。
(知らないことが多いから、これだけは毎週購読してるの・笑)
正確には、彼に対しての王監督の言葉。

自分でぶつかって話を聞いて、記事を書くひと。
勝手に作られたイメージで書き上げるひと。

コピペ、コピペで記事が書きあがっちゃうこの頃。
安価ではあるけれど元記事のリライトで報酬が貰える。
記名記事すらコピペだなんて笑えない現実。
インターネット上で、大量に消費され続けるテキスト達。


自分自身が見聞きし、足で捕らえた情報以外
頭から信じ込むべきではないと思っている。
自分の中で其れが真実ならばかまわないけれど。

どんなひとにもいろいろな側面があり
常に安定した精神状態にあるとは限らない。
ある瞬間だけでそのひととなりを判断するのは危険。

私は、このブログの中では概ね理想を唱えている。
その気持ちに副えているかどうか残念ながら自信が無いし
迷うことの方が圧倒的に多いのだ。

それから、気分で生きてるために
思ったことを綴らなければ忘れてしまう。
ほとんど同じことを繰り返し繰り返し思っていたりするけれど。
そうやって、泡のように流されていく。
頭悪いんじゃないかと思う。いや、悪いんだ。実際。

興味のあることも、私自身の意見も
常に携えておける訳ではなくて、時間に流されていく。
キャッシュが常に消去されているから
メモリにアクセスするのに時間が掛かってしまうらしい。
ウチのお莫迦なコ(PC)とはお似合いの関係かもしれないな(笑)


posted by 遠夜。 at 17:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 倖せ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。