QLOOKアクセス解析
■[-アルストロメリア-] ※詳細は【[STEALTH] Official】へ。


STEALTH「Affection of Alstromeria」ダイジェスト 大切なのは、動き出すこと。

■[C4]新着情報! 震えて待て!! ※詳細は【[C4] Official】へ。
C4 / -barrett Caliber 4- Web CM

2011年03月28日

ちょっと浸りたい気分。

“Tomoiサンが格好イイ。”って何度言ったか(笑)
SちゃんとM依しゃんが居たら、どんだけ潰されてたのか(笑)

兎に角、Tomoiサンが格好良かったです。
10ヶ月振りのTomoiサンの音。
ご本人も仰っていた通り、叩き方が軽い感じ。
音はいつも通りだけれど。
天を仰ぐようないつものブレスも
前髪の先をちょちょいって触れてから
タオルで丁寧に「とんとんとん」って汗を拭う仕草も。

だって、10ヶ月振りなんだもん!

HIROサンのソロ…ヤバかった(笑)
好きな音だった、やっぱり。

でも、ちょっとTomoiサンでいっぱいにさせといて。
もうすでに充電切れてるから。

6年振りだった委ちゃんにお目に掛かり
声を掛けられたひととちゃんとお話するのが10年振りだったり
なんだか、不思議なご縁を感じます。
久し振りに連呼のコールしちゃった。

出待ちはせずに、ディナーして
お友達のお部屋に厄介になっていろいろお話してました。
ぼかぁ、ひとりでぐーすか寝てたけどね←完徹の弊害

27日の午後から高田馬場でランチ。
前から勇人サンにおススメいただいていたラーメン。

■麺屋さくら
味噌ラーメンの特選白だったかな。

父が佐世保なもので、うちは豚骨派だったんです。
九州のラーメンと最近はやりの豚骨醤油は違うようで
家系のこってりが苦手らしく…
ラーメン自体嫌いなのかなと密かに思っていたんですが
此処の味噌ラーメン、美味しかった。
ぜひまた食べたい味でございました。

■メロンパン専門店Eternite
甘党こっちゃんがずっと呟いたり、写メってたりしたメロンパン。
やっと購入できたよ〜。
でも、ウチに帰ったら……弟にとられた。
めそめそ。
でも、いつでも行けるので……また買いに行こう。
posted by 遠夜。 at 00:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

素敵なニュース。

シンディ・ローパー、怒りを一瞬で笑顔に
 http://www.barks.jp/news/?id=1000068232

やっぱり素敵。
こういう女性になりたいわ。


 


[C4]とは違う意味でドキドキしているのです。
Cyndiって憧れの女性。

Happinessを作ることができる
皆を笑顔にすることができる

CoolでCuteなPowerfull Girlで居続ける彼女。

3/18の公演に行くことができるの、本当に嬉しい。
7列目なんだもん♪

今回の“MEMPHIS BLUES”はブルースのカバー集。
年齢を重ねて、本当に好きなものを歌いこなす彼女。
渋くて格好イイんだけれど
どこか可愛らしいっていう素敵なCDです。

アクティブで居たいって思わせてくれる
そして、彼女を観ると『私はまだまだコムスメだわ(笑)』って思える。
だから私はCyndi Lauperが大好きです。

posted by 遠夜。 at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

amber gris主催『夜を散らかす奇人譚』@高田馬場AREA

01.銀色のコフィン
02.over flow girl's sick
03.lizard skin
-MC-
04.海風と雨と最後の手紙
05.Love in the first.
-MC-
en.Amazing world



手鞠君の表現力は、CDを確実に凌駕する。
Liveに行きたいと想わせる要因は、きっとそこにあるんだ。

LaputaのLiveに行きたいと、強く思った時のことを思い出した。
そうして、私は此処に至っている訳だけれど
能動的に動くのはよく考えたら久し振りなのだ。
コレ好きでしょ?っていう切っ掛けではなくて、自分で選び取っちゃった感じ。
海外アーティストには良く有ったものだけれど。。。

[C4]の音楽は好きだし、TOKIサンの声も好きだ。
Tomoiサンの居場所であるということも、私の中では凄く凄く大きいこと。

けれど、音楽に求めることっていうのはリアリティだけではない。
実は『絵空ごと』っていうのも大きい。
そんな訳で、最近欠けていた……其れらはどうやら此処で補給され始めているらしい。

AREAの中は暖かい雰囲気。
家でゆっくりし過ぎて、着いたのはKYOKUTOU GIRL FRIENDの前。

O.A. コドモドラゴン
Lycaon
NightingeiL
砂月

……観たかった。 
寝過ごさなければもっと早く来たんだけどなあ。←ダメな子の見本

NightingeiLは特に、結成したばっかの時1回観たきりで
ニアミスっていうかスレ違う運命なのか。。。
あとでご飯の為に御一緒したNサンに……
『縁が無いんだよ』ってざっくり切られました。うふ。

Lycaonも格好イイんだけどねえ。
下手ギターのセンスが、結構好きですとも。

KYOKUTOU GIRL FRIEND
解散っていうのは勿体無い。
イイ音作るバンドだなって、感じながら観ていた。
余計な煽りなんて一切無い。イイな、これ。

AREAのフロアには、いつ来ても落ち着いちゃう位馴染んでしまった。
Laputaの時にもちらほら見掛けたことのあるひとも居たりする。
世代は確実に違うのに、面白いねえ。
同じルートを辿っているひとが、結構居るものだ。
でも、とりあえず……荒川女史が関わるところにはハズレは無い(笑) 
lynch.やSugar、9GOATSもそうだしね。
ん〜楽しみ楽しみ。

切っ掛けは、-OZ-と一緒。
Laputaが好きっていう、こっちゃん@sugar時代の言葉。
(Sugarは-OZ-と対バンだったことと、篤人君のドラム談義が切っ掛けだったけれど)

私はLaputaを愛してくれるひとが無条件で好きで
其れがバンドをやってるひとなら勝手に身内認定して応援しちゃう。
身内贔屓なのは、皆さま御存じの通りですが……
何故かね、人間的には嫌いではないひとが多いから。余計。

そんな切っ掛けを経て、手鞠君の言葉が私を捕らえたらしい。
思っていたよりも……ひとが儚くなることは重くて。
哀しむことが私の気持ちを圧迫し続けて、苦しかった時。

wayne君のGuitarが、好きだね。
ギタリストの指に見惚れることなんて、これまではあまり無かった。
(あ、Richieは別。Richieは神。)
PHOTO BOOKの白髪はカツラだと思っていたのに
本当に白く染めたようだ。。。
でも、衣装はいままで通りの襟の詰まった司教的なもの。

こっちゃんがかわゆいのも、女子力高いのを観るのも楽しい←男子だけど
ラミ君のMCが楽しいのもamber grisがこういうバンドだから余計。
kaname君は立ち居振る舞いが綺麗。

演奏力は高いし、バランスもイイ。
同期は使っていないけれど、楽器だけでも多彩な表現。

なんだか、凄く満足したのに……
腹八分目で帰ったみたいな、もっと観たい感。
倖せだったなあ。。。

→こぴぺ。
@amber_gris_koto: 【お知らせ】amber gris、fullAlbumは7/20に発売日決定です。
7/3(日)渋谷BOXXで先行発売の2ndワンマンを行います。

天井が高い処で、彼らを観るのは素晴らしいこと。


帰りがけ、勇人サンお勧めのラーメン食べに行こうかと
Nサンにメールしたけれど
ご飯時間がちょっとズレちゃったから
先日M依しゃんに連れて行ってもらったカフェに行きました♪
ねぎとろアボガドご飯うまうま。

勇人サンが地図書いてくれたラーメン屋さんは……
3/14のd.t.pサンLiveの後にいこー!!!

明日は……ジンジャーシロップを自分で作るぞぉ♪
だって買うと1000円近いんだもん。
ゆずジュースとジンジャーシロップ合わせて
原価どの位で作れるか、チャレンジ!なのだ。。。
posted by 遠夜。 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

ラミPresents amber gris Twitter Live Vol.1

なんだか、そうとうヤラレてる。

amber grisのラミ君は、サービス精神の塊だ。
twitterを経由して
そこに集う皆が、同じ時間に自分の持つ音源を聴く。
皆で同じ時間に同じ曲を再生する。

Netを介する方法は其れこそたくさんあるけれど
こんなに簡単に一体感を得られるとは。

皆で楽しもうっていう、そういう動きを盛り上げられるの
イイなあ……そういう彼の資質が。

自分もそうなりたいけれど、なかなか難しい。

2/14、同じイベントが開催されます。
元手は……amber grisのこれまでの音源。
あとはちょっとの時間。


01.snoozy and roll
02.Amazing world
03.over flow girl's sick
04.sinker.
05.lizard skin.
MC(?)
06.Love in the first


絶賛レコーディング中の彼ら、夏にはアルバムが出るそうだ。
楽しみ過ぎる。
今年は、[C4]は勿論だけれど……amber grisが熱いなあ。
天井の高い処で、彼らを観たいっていうのも叶いそうだね。
-OZ-も忘れちゃいませんよ。うん。
posted by 遠夜。 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

場所確認したよ♪

逆方向だと思い込んでた。
流石、渋谷……いろんなハコがあるんだなあ。
渋谷Club乙……DESEOの傍か……懐かしいな。
明日は勇人サン観に行ってきま〜す♪

やることあるから、今日はまだ眠れないのです。

勇人サンには感謝してるの。
私は彼の言葉に救われたことがあるから。

そんな彼の新しい居場所。
draw the perspective
まだ、音は知らないけれど……聴いてみたいって思った。

幸い、17日はお休みにしているから
ちょっと羽目ハズしても、ゆっくり眠れるんだもの。
posted by 遠夜。 at 01:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

『失意の森の少女』@高田馬場AREA

何だか久し振りに、お伽の中に浸っていられた。
私はこの空間がとてもお気に入りらしい。

時間にしたらそんなに長くは無い。
結成から1周年のバンド、音源化されている曲は12曲。
新曲を加えても13曲。
アンコールは2回しの“over flow girl's sick”。

ただ何も考えずに本当にコドモのように。
提示された世界を味わっていられた。
だから、私は……此処に居る時間とても倖せだったのだ。

ずっと聴きたかった“Sunny day's seeker”。
其れは一面的な捕らえ方だったかもしれないけれど
私には必要なコトバだったから。


珍し〜く開場前にAREAに着いたのだけれど
先行物販には間に合わない時間だったので
1周年記念のストラップを購入できず。
とても可愛い時計モチーフだったけれど、見本も売却済み。

AREAというハコ史上、記録的な(花の)動員だったらしい(笑)
確かに“花”のイメージは強いかもしれないね。
ピンクのバルーンに彩られたものや
amber grisらしいなと思うような赤い花。
そして、清らかな真っ白な花。
帰りに数えてみたら、スタンド花だけでも6台あった。


amber grisがどんなバンドか……
この記事をひとつの参考にしてもいいかもしれない。
 ⇒ http://10tenmag.com/2010/10/15/amber-gris-visual-kei-band/?lang=ja

そして、かなりのイキオイでバンギャル男君の集い。
Bassの殊君は前のバンドから、Laputa好きだって公言してた。
でも手鞠君と悠真君(あ、もうラミ君)は其れ以上。
本当に心底“ヴィジュアル系”ってシーンを愛してる。

記事には異端とあるけれど、彼らこそ正しい系譜だと思う。

終演後、お客さんが呟いてたコトバを幾つか拾った。
「久々に熱くなれるバンドを見つけた気がする…。」
「次は天井が高いところで観たいねぇ。」
そうだね、まったく同意です。
良い夜でした。どうもありがとう。


 * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- *
10/17 amber gris 1st ONEMAN
『失意の森の少女』@高田馬場AREA

 01.深緑のローレライ
 02.over flow girl's sick
 03.茨の花は罪に咲く
 04.海風と雨と最後の手紙
 05.悲しみ暮れる黄金丘陵
 06.Amazing world
 07.新曲
 08.Sunny day's seeker
 09.sinker
 10.lizard skin.
 11.銀色のコフィン
 12.Love in the first.
 13.snoozy and rool


 en.over flow girl's sick

え、えっと……多分。間違ってたらゴメンなさい。
 * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- * -- *


軽くしか書いてなくてゴメンね。

ゆ…ラミ君がBlogに「お師匠さんが!」って書いてるのが
非常に可愛らしいです。
イベントの時も「お師匠さんが!」って言ってたし。
的場さんのこと大好きみたい。

今日ワンマンをもって、悠真君はラミ君に戻った訳ですが
9GOATSのウタさんかハチさん(ゴメンどっちだろう。)に
姓名判断で画数も見て貰ったのだそうで。

でも手鞠君が「ラミです」って言った時
「ラミレス」にしか聞こえなかったし……
手鞠君もそう思ったらしい……。
良かった、私が野球莫迦なんじゃないんだ…ほっ。


さあて、11月11日含め……12月はどうしようかなあ。

今月のお楽しみは……DELUHIサン、ズーオーは考え中。
来月は行きたいものはあるけれど、まだ未定。

こうやって倖せな気分にはなったけれど
やっぱりTomoiサンは足りてません。
Web Radio、Tomoiサンの声が遠いわー。。。
マイクの位置変えた方がいいと思いまーす←暴言お許しの程(笑)

posted by 遠夜。 at 02:06| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

【アルストロメリア】少しでも大きな花束にしたくて。



http://www.keasler.co.jp/stealth/index.html


TOKI、TAKUROら豪華ミュージシャン参加のチャリティCD制作
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100910-00000008-oric-musi

無料配信開始!GLAYメンバー協力でSTEALTH初アルバム
http://natalie.mu/music/news/37671



----------------------------------
受け止め方はそれぞれだけれども
間違いなくいろいろな切っ掛けを与えてもらっている。
そんなひとです、私にとってTOKIサンは。
直接的にも、間接的にもね。

動けるものなら、動こうと思う。
どういう形でも其れは自由。

ここ数年は混乱をきたすほどにイロイロな出来事に見舞われた。
負けるかと思ったけれども何とかなっている。


得たものを、還元できるだろうか。
私が彼の立場であったときに
それだけの働きが出来るだろうか。

彼は、決して完璧なひとでは無い。
強くもないけれど、強くあろうと努力している。
もの凄く人間臭いひとで、そこが魅力なんだと思う。

どうしたら精神的にもっと強くなれるだろうと
TOKIサンに問いかけた、3年前の新宿LOFT。
あのときと変わらない印象だ。

素敵なひとだけれども
ちょっと女性を対等に見なさすぎるのは不満かな(笑)
護られるだけが女性じゃない訳です。

出逢ってから、たかだか3年3ヶ月。
だけど密度の高い時間を、いつも貰って来ました。
出入り待ちも何時からかしなくなったし
お話した機会は数多くはないけれど。

----------------------------------
あらためて、この曲を聴いたときに……
交通事故で死にかけたときのことを思い出した。
数cmズレたら、頭が無かったと言われた……そんな事故。

小学6年生だった私に記憶はほとんどない。
気づいたら救急車。
加害者の男性が、回転灯に照らされて虚ろな目をして座ってた。
赤い色だけ、音のしない世界だった。

彼の飲酒運転が切っ掛けで起こった、多重衝突。
大破したタクシーに乗ってた運転手さんは植物状態だと聞いた。

ほとんど思い出さなくなってた、あの時のこと。
保険に入っていなかった加害者はその後行方不明。

運転手さんはどうなったんだろう。


ん、うまく言葉を紡げない。

眠いのです、今日はこれにてお休みなさいませ。


※アメブロも、mixiも、キオクソウコも、ここも全部文章一緒で済みません。
 他はまだ……更新していなかったり。←幾つあるんだよ; どうしようかな。

posted by 遠夜。 at 01:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

amber gris買っちゃった。

昨日付けで書いたとおり、【少女のクオレ】買ってみました。

3曲しか入ってないのが、物足りなくなった。
もうちょっと聞きたい。
amber gris、予想以上にハマっちゃった(笑)

切っ掛けはex-Sugarの殊君。
BlogでLaputa好きを公言してた、赤茶髪の甘党さん。
だから聴いてみようと思い立ったのだけれど
思った以上に、懐かしい風と感覚。
やっぱり8月28日行きたいなあ。-OZ-と対バン。←他知らないけど。

チケット探さなくちゃ。

イイ意味で、いまっぽくない。
其処が個性で、世界のあるバンドだなあ。
お伽噺のような物語性を体現して
よいものを継承していこうとしているのかもしれない。
こういうバンドは他にもあったかもしれない。
出逢う、出逢わないは本当に運命だ。

これまで見たことがあるのは殊君だけだけれど
このバンドは殊君らしいなって、そんな風に感じる。

ドラムもしっかりしてるし、気持ちイイ。
クレジットに的場さんの名前を見て、なるほどと思いました。
新譜にも参加されるのかしら?


初めてラルクアンシエル聴いた時の感覚。
1曲目の“茨の花は罪に咲く”
歌い回しは所々KAZUSHI君にも似てると思った。
アップテンポな“Love in the first.”
これははしゃげるだろうなあ。
3曲目の“Sunny day's seeker”で
ある言葉に出逢って、ちょっとしんみり。

“居なくなった事実より一緒に居た日々を思い出して居たいよね?”

本当は、そういうことなんだ。
彼女の言葉、彼の言葉、祖母の言葉。
お盆のこのときに、彼らの音源に出逢ったのはきっと偶然じゃない。
posted by 遠夜。 at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

ループ開き 後夜祭@SHIBUYA-BOXX

Loop Ash 後夜祭@SHIBUYA-BOXX

SARINO
ALiBi
THE"FUZZ"
ν
-OZ-

握手会

Mちゃんと14時半頃合流して、パルコ1の妖しいお店でご飯(笑)
ゆっくりまったりくったりしちゃったあと
開場過ぎてから、渋谷BOXXに向かいました。
整理番号B1とかだったのに、さっぱり意味なし。
でも、本当に前に行ったところで何してイイか解からないじゃん。

曲順とかは、さっぱり。
入って早々に-OZ-常連のKちゃん、Nサンに見つけてもらい
Nサンとちょっぴり長くお話。


ふぁずおずを観にきましたが、他は知らなかったりする私。
SARINOサンは以前お見掛けしたはずだけど。
アコースティックで数曲演奏していただきました。
良い声だなって、素直に思った。
途中、間違えて……ちょっとパニくってたのもご愛敬。

ALiBiは、以前-OZ-のイベント前にちょっと見掛けたことがあります。
まだ若い感じ。
でも、何かする度にいちいち指示出すタイプの……
私の嫌いなLiveをするバンドだな。
音でノせてほしいって思うんだよね、どうしても。
オールドタイプなんだろう。
指示出しされるたびに「いやー」な顔してたらしく
Mちゃんに目茶目茶笑われておりました。

さて今日のお目当てその1である、THE"FUZZ"。
最前のおふたりが頑張っていました。
オズっこ達と後ろではっちゃけて、舜君コールもかけちゃった。
楽しかったよ〜。
そして、脱退してから……続けられたのは皆のお蔭だっていう言葉。

舜君はきっとずっと悩んでたんだろうなって、思う。
音を作る立場だからこそ、自分を表現することについて。
だから解かってあげてほしいな。

今日は、本当に楽しそうで嬉しかった。
ちょっと遠慮気味だった部分や、逆に振り切ってた部分もあったけど
まだ3回目のステージだもの。
これからも、折があれば行きたいなと思っているわ。
-OZ-が一緒の機会であれば安心して。
オズっこ達はすっかり舜君のこと、大好きだから。

つか、あれだけ
たまちゃんが舜君に懐いてれば、懐くわよ(笑)

νはまたカラフルな、軽いイメージのバンド。
でも、ドラムセットが私的に珍しくて。
浅胴のタム3つ、口径大きめのバスドラ……。
多分太鼓のほとんどの口径が大きいように見えて
彼が何を狙っているのかを知りたいと思ったの。
浅胴だと音のキレが良くなるのかしら、どうなんだろう。
ドラムセットばっかり見つめてしまっていたせいか
握手会の折に、ここのバンドのひとからは業界のひとじゃないかと疑われた(笑)
単純に好きなひとの領分を少しでも理解したいだけなんだけど。

-OZ-では、Mちゃんに荷物を預けて
常連のNサンと上手センター4,5列目に。
もともと後夜祭ということで、祭ムードの衣装だったのだけど
他が浴衣だったり、甚平だったりするなか……
なっちゃん、何故か陸サーファー。。。
TOKIサンが良く着てるようなサーフブランドのシャツに
ハーフパンツ、シュノーケル……極めつけは、浮き輪×2本。
Akiが甚平に麦わら帽子背負ってるのはまだ可愛く見える。
うわーん、みんなーなっちゃんが何かまたおかしいよ(涙目)

泳いだりクロールしたり背泳ぎしたり。。。陸で。
部分的にだけど、シュノーケルくわえたまま歌っても聞こえないわっ!(くわっ)

※追記
握手会には、今回のオムニバスCDを買わなきゃいけなかったのだけど…
薦め上手のNみさんに誘われて、さっくり購入。
ちょうど100番のイベント参加チケットをゲット。
舜君ファンMちゃんには併設されてるワイヤードカフェで待って貰って並んだけれど
本当はお気に入りカフェでまったりの予定を変更しちゃってゴメン。
でも、しばらくぶりにあの子達と話せたから満足です。

なっつには開口一番「久し振り〜っ!見えましたよ〜っ!」って笑われちゃったわ。
笑ってやりたかった当の本人に、笑われちゃったっていう……(゜∀゜;ノ)ノ
勿論、時間ができたら行くことを約束。
私ら…両手で握手何回したんだろうね。
この時には白系甚平上下に着替え完了…。
ハーフパンツ、甚平の下だったのね…。

んで、次。
たまちゃんが舜君にメロメロなのを思いっきりからかいまくってみた。
メロメロ過ぎて、はにかみ笑顔が本当に可愛かったんだよo(≧∇≦)o
ひと見知り警戒心バリバリの黒猫ちゃんがデッレデレ。
多分……このネタで突っ込めるのって少ないから、役得役得(笑)
Akiを含めたakiファン男子には絶対無い可愛さだもん。
教祖さまファンは、何故かどっか斜めから見てる。
で、最後にお決まりの台詞……「でも、かっけー!」を呟くと。
Tomoiサンファン男子は、冷静に「此処が格好良かった」と述べるか
私と一緒に乙女男子になってるかのいずれかだ。

Akiには昨年10月のTomoiサンのことを報告してもらって
「Tomoiサンは俺らにも優しくて……」
「ね!Tomoiサン格好イイでしょ!」って…
Akiが何か言う度に遮って、私が五月蠅かった(笑)
相変わらず様子がおかしくて、ゴメン。(←昔からだけど。)

初めて逢ったときと変わらないっすよっ!って言われ……
裏なんか無いAkiの言葉だし
(ある意味要領悪いとこがAkiのチャームポイントだ。
 だから柴犬だし。)
6年前から変わらない訳ないけど、お褒めの言葉と取っておこう。
だって、私……Tomoiファンなんだもの。

ずっきーにはブログ更新頻度をあげるように要求。
本当は誉めて誉めまくる心算だったんだけど、誉め忘れた。
だって、Nみさんとの最後の会話が……
ずったんのブログの更新頻度についてだったんで。
こんなあっさりだけど、私はずったん大好きなんだよ(笑)
5人まとめておんなじ位好きだけど、やっぱ末っ子は末っ子ですから。

ナヲ君には「昔から観てもらってるし、
これからも……格好よくなるんで!」って言われて
言う心算なく、さらっと「いまも格好イイよ」って返しちゃったら
「じゃあもっと格好よくなるんで!」って…がっちし約束。
自信が備わってきたね、ナヲ君。
優しくて、よく人を見てるナヲ君だから……
いろいろ心配したこともあったけど、問題ないわ。

私と彼らのやりとりは変わらずに体育会系の男子みたいだ。
昔からノリは全く変わらないけど、もう男の子って感じはなくなって
すっかり頼もしい存在感を示してくれる。

人間的に変わらないで欲しいって昔は思ってたけど
この先何があっても、彼らの根幹は変わるまい。
そういう意味で安心している。

今年後半はワンマンツアー、来年にはヨーロッパツアーをやるらしい。
そりゃヨーロッパは行きませんが。。。
気持ちの上で、ずっと応援してるよ。 アキコ姉さんは。

posted by 遠夜。 at 02:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

「あ、ファズとオズ、ライヴ。〜そして舜様の生誕記念日を祝う会〜」@池袋Black Holeオズ編


「あ、ファズとオズ、ライヴ。〜そして舜様の生誕記念日を祝う会〜」@オズ編

 CA3F0002.jpg

NサンとS華ちゃんとお茶会してから、Nサンにお見送りしてもらいつつ会場へ。

実はB1番だったS華ちゃんがなかなか動けず。
少しだけ早めに行ったら、-OZ-での知り合いがいっぱい。
やっぱりMちゃんはローソン1番だった。
そんな訳でS華ちゃんをMちゃんに託して、いろんな人とご挨拶。
私自身はB19番だから、実質40番位ね。

-OZ-ではこっそり入って、こっそり帰ることが多いから
何か皆に逢えたこと自体が久し振りだったよ。
TちゃんやIちゃんにも逢いたいなあ。
でも、親戚の都合で6月主催の仙台・新潟は行けなくなったから
Uちゃんにチケットを引き取って貰いました。

いつもは上手に居るもんで、不思議な気持ちになりつつも下手へ。
Nao前3列目位でした(笑)。
主催舜君なのに、FUZZ先攻の噂が流れてオロオロしたぁ。
結果的にHIRO君ファンKサンを拾えたから良しか。

オズっ子は激しいです。
たまにしか行かない私は、時々乗り遅れるの。
ヘドバンの波。
私がヘドバンするようになったのは、-OZ-が最初なんだよ。
LaputaではTomoiサンを観ていたくて、ヘドバンできなかったから。
頭振らせる系のセットリストで、また首もげるかと思ったわよ。
とりあえず肩凝りは解消したけど(笑)
まったくもって、正しいかどうかは解からないセトリ。

 Public Speaker
 Black out
 Raze
 Rain Delay
 Pressed flower
 Protect:Code
 Another Rain
 DETOX

…って感じだったかな。
もっと古い曲も聴きたい気分なワタクシでした。
またワンマンが楽しみだな。

皆が楽しんでくれて、割と評判が良くて良かったな。
何だかオカン気分なのだわ、未だに。
事務所入るってときにAkiに言われた言葉通り。
オカンじゃなくて、オネエサマとお呼びっ。です。

正月のTOKI'S Barで舜君と話したときに
「-OZ-は上手がLaputaで、下手がVasallaファンなんだよね」って
確認されたのを思い出すなあ。
イベントがある都度、舜君とは-OZ-の話ばっかしてたのよ。

いっつも「-OZ-が」「-OZ-のTamaちゃんが!」なんで
正直呆れてたと思います、舜君。
おまけにTomoiサンにも「-OZ-が」って話をしてるし
挙句に頼まれたとはいえ、Akiの誕生日イベントの為に
サインカードも書いてもらっちゃったし。。。
どんだけ、-OZ--OZ-言ってるんだろうね、もう。

-OZ-が割と評判良くて嬉しい。
でもあいつ等なら……もっと上行ける筈なんだけどな。
もっと本気出してほしいと思ったりします。
其れが、出来るはず。

とにかくZukkiが頑張ってたー。
あの子はどんどん前に進んでいくんだよね。
最後スペース作っちゃったけどね。
そういうところが可愛いんです、皆のアイドルずったんは。



 

posted by 遠夜。 at 04:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。