QLOOKアクセス解析
■[-アルストロメリア-] ※詳細は【[STEALTH] Official】へ。


STEALTH「Affection of Alstromeria」ダイジェスト 大切なのは、動き出すこと。

■[C4]新着情報! 震えて待て!! ※詳細は【[C4] Official】へ。
C4 / -barrett Caliber 4- Web CM

2013年03月10日

日本vsオランダ。

オランダの先発投手も技巧派のイイ投手だったと思います。
でも日本チームとしてはやりやすかったかもしれないな。
そして、特にレフト……守備の粗さが目に付きました。
オランダに張本サンが居たら迷わず“喝”だな(笑)

まず鳥谷選手のソロホームラン。
ウチの叔母が小躍りしてそうだわあ。
出鼻の1発に動揺してしまったのか井端選手への投球は
意図せずにフォアボールになってしまったように見えました。

後はもう毎回のホームラン。
これまで快音が聞こえなかっただけに嬉しくなるような展開。
今日観戦に行った方々は、身体が温まったでしょうね。

でも井端選手が指名打者なのが、ちょっと納得いかない〜。
まあこれまでの起用方法にまで遡っちゃうので
ここはお口をチャックしておきましょうか。

前田投手も5回まで66球、きっちり零封で投げ切った。
右肩の不安もバッチリ解消だなあ。
DHのジョーンズ選手が凄く楽しそうだったのが印象的。

ちょっと内海投手には点が辛くなっちゃうけれど
コントロールが定まらなかった印象。
内海投手、山口投手とどちらも巨人で…
正規のバッテリーなんだけど安定感が無かったなあ。

阿部捕手のリードミスもあったと思う。偉そうだけど。
拙いなと思ったのは、6回……2アウト1,2塁の場面で
審判の判定出る前に勝手にストライクと判断して
キャッチャーボックスを離れようとしたとき。

国際試合の経験豊富な筈の阿部サンがアレやっちゃ駄目じゃない?
心理戦を担うのがキャッチャーの役割な訳で。
それで判定が変わるものではないけれども
審判からしたら心証を悪くしてもおかしくない。

まあ私…ノムサンの著書が好きだから偏ってるけれどね。
昔むかし山倉サンのリードが好きでした。
藤田巨人時代の選手が、私が野球好きになった切っ掛けなので。
神さまは松本匡史選手ですが。

涌井投手は問題なく、自分の仕事をしてくれた感じ。

12日は『森福の11球』……森福投手がみたいなあ。
ピッチャーはギラギラしてる感じが好きかもです。


しかし、今日はちっとも『スモールベースボール』では無かったね。
心底爽快な試合ではあったけれども。


 



 
 
また野球終わってからお風呂入ったので、もう眠くて;
うつらうつらしちゃってる。

蝉の話もそうだけど、うん……ときどき面倒臭いよねえ。
……なぁんてね。
コメント欄とかを見ていてだいぶ前から感じること。

なんとなく、そういうポイントが解かるように思うのは
ちょっと嬉しいところだったりするんだ。

解かるなんて自惚れてないけれど。
以前の不思議なリンク感をまた感じたりしている。
posted by 遠夜。 at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。