QLOOKアクセス解析
■[-アルストロメリア-] ※詳細は【[STEALTH] Official】へ。


STEALTH「Affection of Alstromeria」ダイジェスト 大切なのは、動き出すこと。

■[C4]新着情報! 震えて待て!! ※詳細は【[C4] Official】へ。
C4 / -barrett Caliber 4- Web CM

2013年03月25日

杞憂であって欲しかった。

正直、6/16のLiveタイトルから嫌な予感がしてた。重大発表っていうたびに
その発表じゃなかったことに安堵して
あの子達なら大丈夫だと、胸を撫で下ろして。

でも昨夜やっぱりその発表があったんだ。
……だと思ってた。残念だけど。
何度も見てきたような布石通りの動き。

昔の私の方が物解かりが良かったね。



2004-08-27 00:33:45 | 日記
いろんな想いがあるから...一概には言えない。
でも、人間ってのは成長していく生き物なので...
前に進んでいかなきゃいけない訳ですわ。
過去ばかり振り返っても居られない。

『あの○人じゃなきゃイヤだ』って気持ち...
ある意味では痛いほど解かるんだけれど
それは客側のエゴでしかないからなぁ。
あたしも此処を乗り越えるのが結構大変だったものだけれど。

その内、解かる事とは思うのだけれど
傍から見ているとちょっとね...イラつく。
あの子達が危なげだけど頑張ってるのが解かるから。
すっかりね、何か弟みたいで...ほっとけない。
成長率の高さを見せつけられたように思ってるし
かなり期待してるの、あの子達。


マイケミの解散は、ユーズドのブランデン脱退と同じ。
何処か遠くの話のまま。
音楽は好きだし、Liveは観たけれど。

その点でやっぱり彼らは、私にとって特別のひとつだなあ。

Laputaが好きって其れだけで仲良くなった。
出逢った最初っからakiち派とTomoiサンファンのパラレルトーク。
akiサンカッコいい!ってキラキラしてた柴犬君。

最初はお行儀が良い好青年だったのに
段々評価が宇宙人になってきちゃったアビシニアンちゃん。
「また背が伸びました?」とかわざと怒らせて喜んだりして。

ステージの上だと別人みたいに輝いちゃう
普段はおっとりゆっくりで、気い使い屋さん。
ノーメイクだと顔が無い……でも其れが可愛かったボーダーコリー君。

ひと見知りでステージの上でも下でも猫みたいな動き。
普段ツンツンなのに、舜君ダイスキでデレデレしてた。
「お疲れ」って声かけたらぴょこんと頭を下げた黒猫ちゃん。

そしてねぇ、我が儘言いまくってスネアドラムに触らせてもらったり
バスドラ弱いって文句言いまくったり
いつも一番進化が目に見えてて褒めたいのに
全然違うことで突きまくっちゃった、でっかい風太君。

8年半……かあ。
あっという間だったなあ。

終わらないものなんて無いけれど、最後までイイ景色を。


posted by 遠夜。 at 03:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

サクラ、サク。

桜も咲いてすっかり春めきました。
暑さも感じるような陽射しと、花冷えを繰り返し繰り返し。
花が終われば若葉のころ。
夏が来るのは、きっとあっという間なんだろうなあ。

いつも通りと言うには、いきなり春が来た感じ。
コブシも梅も木蓮も一斉に咲きほころんで
桜も慌てて目を覚ましたかのよう。

sakura0322.jpg

リハビリに行って、帰りは隣駅からお散歩しながら郵便局へ。
やっと気になっていたC9の再入会手続きが終わりました。
入院前に済ませば良かったんだけれどね。

今年はずっと花粉の少ない環境(病院)下に居たので
花粉症は平年より軽くて済みそうです。
まだヒノキ花粉は到来していないから用心しなくては。

病院に行くと、いろいろともの思いに耽ってしまう。
怪我をしてあらためて気づくこともあるのだよね。
入院したことで思い出したことも、たくさん。

どんな時間も、無駄ではないのだなと
そんな風に思ったりもするのでした。

どうしたら自分に自信を備えることができるのか
相変わらず其れがさっぱり解かりませんが
毎日歩いていれば、何かが見つけられるのかもしれません。

たまにしゃがみ込んでしまう弱さは仕方が無いけれど
ココロだけは真っ直ぐに保たなくては。

posted by 遠夜。 at 04:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

やっぱり好きなモノ。


私が好きなモノをイロイロ見つけたのは、小学校5年生の頃。
この頃から高校生位までに好きになったモノって
大抵いまでも好きなモノだったりするし
多くのひとにとっても、きっとそうなんじゃないかと思う。

当時好きになった音楽や小説、漫画やアニメって
いまでもまだまだ継続して好きだ。
未だに三国志や銀英伝、聖闘士星矢について熱く語れる位。

音楽は最初に好きになったバンドBON JOVIがまだ現役バリバリ。
イイ歳の取り方(悪い例も有りマス)をしているのも嬉しい。
ココロを慰め続けてくれたCyndiも、最高にイカした女性で在り続けてくれる。

好きなモノを、好きって言える……そのことが倖せだなあ。

きっとこんな風に素直な気持ちをWebに綴ることもできない
そんな境遇のひとも、世界には居ると思う。

其れを思うと、少々平和ボケし過ぎてるこの国に在ることは倖せだ。


好きなモノを好きと声に出す。
嫌いなモノについては、できれば触れたくない。

私が嫌いなモノでも、好きなひとは存在するのだから。
容易に否定することはしたくないな。


……って言うけど、食べ物ではあんまりお野菜好きじゃないし
昆虫見ると、悲鳴にならない悲鳴をあげて回れ右するし
爬虫類や両生類もあんまり好きじゃない……。
多分向こうにはもっと嫌われてると思うけれど。
posted by 遠夜。 at 02:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

できるかな。

リハビリに行ったら、担当のSサンを通してTサンから病室に来るようにとの伝言が。

お稽古(違 筋トレ終了後に何故か一転面会者となり
伺ったら簡易句会の真っ最中でした。
Tサンのお友達に紹介いただいたうえ
あらためて俳句のお誘いをいただきました。

面喰っても居るけれど……ありがたいなあと、つくづく思います。
とても可愛がっていただいています。
相変わらず、雪子サンなんですけれど。

コトバをいろいろ捻るのは好きだから
少し意識して、楽しんでみようかな。

新しいことを、そういえば最近あまりやっていない。

仕事に戻ったら、あまり時間も作れなくなるから
いまの内に足がかりを固めておかないと。

なんだか季節を感じる心も、鈍っていたこの頃。

退院して梅の花を愛でたとき
あまりにも久し振りに感じて、悲しくなった。

車窓から覗く花も景色も、触れて感じる匂いには敵わない。
木の花では、白い梅が一番好きなのだけれど
その香りに親しむまでもなく通り過ぎてしまっていたんだなあ。って。

梅の花びらが届き始めたから、もうすぐ桜。
春は本当に駆け足で過ぎ去ってしまうから
今年の美しさを、存分に楽しみたいなあと…そんな今日の気持ち。

さて、私にできるかしら。
posted by 遠夜。 at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

曜日感覚。

いやだわ、もう金曜日だってことにお友達の呟きで気付いた。
仕事しているときは曜日で忙しさが違うので
意識しなくても今日が何曜日か、理解しているものなのに。

水・金はリハビリなので、おっとり筋トレ。

腹筋に比べて、背筋が弱いので…特訓。
部活でやらされたのを思い出しつつ。

腹筋は30回位余裕なのに、背筋10回やると苦しい。
かなり身体が歪んでいるモノと思われる。

……こんな時間にお腹減ってきちゃったので
もう寝ることといたしましょう。

なんだか余計な執着心が消えた気がする。
これはイイことなのかなあ o(`ω´*)o 

最近、この顔文字 o(`ω´*)o  お気に入り。
なんか強気っぽくて、私に無い感じがイイ(笑)
posted by 遠夜。 at 02:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

戒める。

いまこのときも歴史は紡がれている訳で
記憶を形にし、記述を残すことが出来るのだから
少なくともその時代を生きてきた私は忘れてはいけない。

気持ちがあっても、大きく動き出すことはなかなか難しい。
まずは自分にできることを……粛々とやっていくしかない。

けれど少なくとも心の中に留めておかなくては。
どのように生きるか。
もういい加減迷っている時間は無いよね。
生きていること、戦うということを再び目の前にしたのだから。

儚くなった親友が、ぽつんと呟いたことを今でも思い出す。
なんて言ったら良いのか、あの頃から私は本当にわからなくなった。

混乱し続けて、生きる意味が解からなくなっても
真っ直ぐ前を向いて歩いていこう。
どんなに頑張っても昔には戻れないし、これは夢ではないから。


職場から帰ることもできず、情報も足りなかった。
42kmは流石に歩けないと観念して明かした夜。
お友達との連絡がつかなかったのが、一番堪えた。
心配させまいと明るく振舞う同僚の男気。

週が明けても混乱してほとんどの交通機関が途絶えていた。
3/15、休暇をいただいていたのを忘れて出社したり
Cyndi Lauperを観に行くことについても、いろいろ悩んでいた気がする。
真っ暗な真っ暗な渋谷。
浮かんでた…満月の近い月明かりだけ。


posted by 遠夜。 at 02:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

日本vsオランダ。

オランダの先発投手も技巧派のイイ投手だったと思います。
でも日本チームとしてはやりやすかったかもしれないな。
そして、特にレフト……守備の粗さが目に付きました。
オランダに張本サンが居たら迷わず“喝”だな(笑)

まず鳥谷選手のソロホームラン。
ウチの叔母が小躍りしてそうだわあ。
出鼻の1発に動揺してしまったのか井端選手への投球は
意図せずにフォアボールになってしまったように見えました。

後はもう毎回のホームラン。
これまで快音が聞こえなかっただけに嬉しくなるような展開。
今日観戦に行った方々は、身体が温まったでしょうね。

でも井端選手が指名打者なのが、ちょっと納得いかない〜。
まあこれまでの起用方法にまで遡っちゃうので
ここはお口をチャックしておきましょうか。

前田投手も5回まで66球、きっちり零封で投げ切った。
右肩の不安もバッチリ解消だなあ。
DHのジョーンズ選手が凄く楽しそうだったのが印象的。

ちょっと内海投手には点が辛くなっちゃうけれど
コントロールが定まらなかった印象。
内海投手、山口投手とどちらも巨人で…
正規のバッテリーなんだけど安定感が無かったなあ。

阿部捕手のリードミスもあったと思う。偉そうだけど。
拙いなと思ったのは、6回……2アウト1,2塁の場面で
審判の判定出る前に勝手にストライクと判断して
キャッチャーボックスを離れようとしたとき。

国際試合の経験豊富な筈の阿部サンがアレやっちゃ駄目じゃない?
心理戦を担うのがキャッチャーの役割な訳で。
それで判定が変わるものではないけれども
審判からしたら心証を悪くしてもおかしくない。

まあ私…ノムサンの著書が好きだから偏ってるけれどね。
昔むかし山倉サンのリードが好きでした。
藤田巨人時代の選手が、私が野球好きになった切っ掛けなので。
神さまは松本匡史選手ですが。

涌井投手は問題なく、自分の仕事をしてくれた感じ。

12日は『森福の11球』……森福投手がみたいなあ。
ピッチャーはギラギラしてる感じが好きかもです。


しかし、今日はちっとも『スモールベースボール』では無かったね。
心底爽快な試合ではあったけれども。


 
posted by 遠夜。 at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

コドモ達のまわりで。

ヨーロッパの裏通りみたいな、そんな世界。
そう、コドモ達にとって世界は必ずしも優しくはない。
フランダースの犬を思い出したりする。

AROUND CHILDREN/amber gris

……これまでと手触りが違うと思ったけれど、すぐにしっくり馴染んできた。
曲を聴けば作曲者がわかる…それがまた楽しいな。

wayne作の優しい風合いが私は好きだけれど、
kaname作のソリッドな王道の曲も素敵だ。
手鞠作の“hermit”はエキセントリックだと感じる。

そして、歌詞は相変わらず感性を刺す。痛いコトバ。
其れが気持ち良かったりするから、始末に負えない。

手鞠君の言葉には、何処かに『死』の匂いが漂う。
嫌なものではない。
誰にでも訪れる、最期のとき。
死生観……なんだろうなあ。
ひとは死んだらどうなるの?何処に行くの?
生きること、死ぬことは何なの?
貫かれるのは“コドモの視点”だ。

amber grisに出逢ったとき“sunny day's seeker.”の言葉に
私は救われたように感じたんだ。

いまでも私はてんでコドモだけれど
重なり重なる別れにぺっしゃんこに潰されてたころ。
いつか独りになるのなら
私こそ消えてしまいたい様な、私らしくないことを
それこそ四六時中考えていたときに。

amber grisは、なんかLaputa好きになった1番初めの感覚に似てて楽しいの。
メンバーの誰が好きってのはまったく無くて。

ラミ君のドラムもかなり好きだけど、でもTomoiサンの代わりにはならないんだなあ。
ずんずんすくすくと成長しているけれど、Zukkiも駄目。
私にとって、Tomoiサンは特別なのでありますよ o(`ω´*)o


 

posted by 遠夜。 at 23:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

日本vs台湾。

いやあ、本当にイイ試合だったなあ。侍ジャパン、底力を感じました。
対する台湾の本気、気持ち良い対戦。

なかなかストライクが取れないのが
統一球の難しさを思わせたけれど

ところで、9時から眠たかったのに
ずっと目をこすりながら視てたから
眠過ぎて気持ち悪い……。

モ、モゥ... (ノ××)ノ~☆ ダメ...(o_ __)o)) バタッ

あ、天気予報のBGM…
Girls Just Want To Have Fun.なんだねえ。
ギリギリだけど、ミヤコの誕生日だあ。おめでと。
posted by 遠夜。 at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素人俳句。

啓蟄や 陽光まぶし 土竜の眼
 
白梅は 私を待って いるかしら

風光る 松葉杖つき 帰る朝 


昨日退院する前に、Tサンにお伝えしたものです。
せっかく詠んだ句なので、書いておこうかと思いまして(笑)

もっと綺麗な言葉を使いたい……。
そう思ったときに、確かに季語として使われるものは
美しく想像力を駆り立ててくれるもの。

私が二十四節気に詳しくなったのは、占いの記事を書く為だったけれど
日本語は美しいものだもの。
意識して見つめ直す機会として、句を捻るのは楽しいかな。
昨夜、ご挨拶をしたいと思って考えた気まぐれだったけれど
これからも継続していけるように努めたいと思います。

幸いTサンにこれらの句は気に入っていただけたようで
お嬢様(母と同世代)が主催しているサロンの冊子をいただきました。

住所の交換をしたので、文通をしたいな。

posted by 遠夜。 at 03:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。